1月前に20代の若い女性の患者様が虫歯のために来医院しました。
治療は虫歯が大きく神経の治療をした後、白い仮歯にしました。

そして先日、来医院して出来上がったクラウンを装着しようとしたところ
装着した歯をを見て驚いた様子で、すぐに外してくださいとの事で、
装着したクラウンを外しました。

クラウンの装着(保険治療)

クラウンの装着(保険診療)

セラミックラウンの装着(自由診療)

セラミックラウンの装着(自由診療)

その後やはりセラミックにしてほしいとの事で、
また最初からセラミック用の形成をし直し、型を取り直しました。

このように、保険の治療には審美的に優れないものが多く、
特に女性の方は、実際のクラウンの色や材質などをよくお決めになってから、
治療する事をおすすめいたします。

9月 12, 2012 · Posted in 歯科治療